メンテナンスが楽になる!使い捨てボトルを選ぶメリット

軽い使い捨てボトルは取り扱いが楽!適応サーバーも高性能!

ウォーターサーバーのボトルにも種類があり、7Lから12Lまで、さまざまあります。水だけで7kg12kgあるので、そこにボトルの重量が加わると持ち運びだけでも大きな負担となることが分かります。10年前まではガロンボトルのように重く取り扱いにくいものが多かったのですが、軽量化することで誰でも簡単に交換できるようになりました。最近は、使い捨てボトルを取り扱うメーカーも増えており、サーバーやボトルの選択肢もいろいろあります。そのなかから高性能なものを選ぶのであれば使い捨てボトル適応のサーバーがおすすめです。ガロンボトル適応のサーバーに比べ使い捨てボトル適応のサーバーは温度調節ができたり、衛生的であったりと性能が高いものが多く、取り扱いやすいといえます。

使い捨てボトルならごみ捨て方法も楽

ガロンボトルであれば使用後回収されるまで保管しなければならないため、スペースに困る方も多いのではないでしょうか?使い捨てボトルであれば、スペースに困ることはありません。使用後、圧縮すればコンパクトになりスペースを確保できます。ボトルの素材はビニールパック素材とペットボトル素材の二種類あります。どちらも圧縮は可能ですが、柔らかいビニールパック素材であれば、簡単に圧縮ができて楽に捨てられます。また、付属のキャップやテープも取り外しが簡単なものが多く、手間がかかりません。ごみの分別がシンプルなのでゴミ出しの際に困ることもないでしょう。ただしメーカーにより素材も異なるため、きちんと比較してから購入することをおすすめします。

宅配水は、水や採水地や含有成分などを選ぶことができ、リーズナブルな価格でこだわりのある飲料水を使いたい一般家庭の間でニーズが高まっています。