どんな用途に使うべき?温水機能の便利な活用方法とは

赤ちゃんのミルクづくりに活用!

母乳ではなく粉ミルクで育てているママさんは、ミルクを与えるだけでなく、ミルクづくりという作業も追加されます。お湯を沸かして粉ミルクを溶かし、適温に冷ますという結構時間のかかる作業です。特に、夜中の授乳時に眠い目をこすりながらミルクづくりをするのは大変ですよね。
ウォーターサーバーの温水機能を使えば、温水でミルクをすぐに溶かすことができ、熱すぎたら冷水と混ぜて適温に冷ますことも可能です。ミルクづくりの時短作業ができるのです。
もちろん、ウォーターサーバーで使用されている水は、天然水や濾過水など安全性の高い水なので、赤ちゃんにも安心して与えられます。温水機能は、赤ちゃんとママさんにとって、嬉しい機能です。

コーヒーや紅茶がすぐに飲める!

コーヒーや紅茶を飲みたいと思っても、お湯を沸かすのが面倒なときってありますよね。ウォーターサーバーの温水機能を使えば、80度から90度のお湯が瞬時に出てくるので、思い立ったときにコーヒーや紅茶が飲めます。天然水や濾過水なので、水道水で作るよりもおいしいお茶が作れ、より充実したティータイムが過ごせるでしょう。 よくコーヒーや紅茶を飲む人は、相性の良いお水を選んで注文するのもおすすめです。コクを出したいならミネラルウォーター、素材の味を楽しみたいなら濾過水など、味覚に合ったドリンクが作れます。日本茶は、60度が一番おいしく淹れられる温度なので、温水の蛇口と冷水蛇口の水を混ぜて丁度良い温度にするとよいでしょう。

水宅配には定期的にボトルを自宅に配送してくれるサービスがあるので、スーパーなどで重いペットボトルを持ち運ぶ必要がなく便利です。