電気代の節約になる!省エネ機能を活用してみよう

設定温度を上手く調整しましょう!

ウォーターサーバーの中には、温度設定を手動で行える物もあります。ウォータサーバーの仕組み上、常温の水を冷やしたり温めたりする場合、温度変化が大きい分だけ使用する電気量も増加してしまいます。そこで冷水は高めに設定し、逆に温水の場合は低めに温度を設定すれば電気代の節約に繋がります。特に温水を作る際は、かなりの電力を消費してしまいます。しかし、設定温度を低く抑える事ができれば、20%前後の消費電力を削減する事も可能です。 そのため、温かい飲み物を口にする機会が少ない夏の時期は、意識的に取り組む事が大切と言えるでしょう。また、人の消化器官は体温との温度差が多きいものを口にするほど、十分な吸収や消化ができないと言われています。このため、水分をとる際は、常温に近い方が健康を維持するという面では良いのかもしれません。

節電機能があれば積極的に活用しましょう!

電気代を節電するには、ウォーターサーバーの節電機能を使うのも効果的と言えます。メーカーによっては、消費電力をカットできる省エネ機能が備わっているものがあります。もし、現在使用しているウォーターサーバーにそのような機能が搭載している場合は、積極的に活用するようにしましょう。例えばあるウォーターサーバーには夜間の電力を節約してくれる機能が搭載されています。部屋の暗さに反応して水の温度を自動で調節してくれるというもので、これを利用すれば最大で40%もの省エネ効果が期待できます。 一方、使用しない時にコンセントを抜いて電源を切るという節電をする方も中にはいるかもしれませんが、ウォーターサーバーに関してはあまり効果が得られないと言われているのでその点は注意しておきましょう。

ウォーターサーバーの価格はレンタル、買取の2種類があります。中にはレンタル無料の会社もたくさんあります。そのため1ヶ月あたりにかかるコストとサービス内容で決めることをお勧めします。